概要 ご挨拶

TOP > 概要 > ご挨拶

事業のご案内

 当センターは、県、市町村職員及び建設業従事者の専門的な知識や技術習得のための研修を行うことを目的に、岡山県、市町村及び建設業関連団体からの出捐により、昭和48年に「財団法人岡山県建設研修センター」として設立されました。

 平成9年には、県が行っていた建設工事の品質確保のための材料試験業務を引き継ぐとともに、設計積算・施工管理等の技術支援事業を新たに加え、県・市町村の建設行政を補完する役割を担いつつ、公共事業の円滑かつ効率的な執行に寄与していくことを目的とした「財団法人岡山県建設技術センター」として生まれ変わり、その後、公益法人制度改革に伴い、平成25年4月から「公益財団法人岡山県建設技術センター」として新たなスタートを切りました。

 当センターは、今後とも「非営利を前提に、公正・中立な立場で県、市町村の建設行政を総合的に支援・補完できる県内唯一の公益法人」として、『社会資本整備を行う地方自治体の技術支援』、『社会資本の整備を担う建設技術者の人材育成、技術力向上のための技術研修』、『社会資本の品質確保のための建設工事用材料試験』の3つの事業を柱に、県民の安全・安心の確保に寄与し、その社会的使命を果たしてまいります。

 皆様方のご支援・ご協力と、当センターのご活用を心からお願い申し上げます。

理事長 森廣 伸之

ページの上部へ